大林組、オフグリッド型太陽光発電外装システムを開発し新実験施設に適用

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大林組、オフグリッド型太陽光発電外装システムを開発し新実験施設に適用

大林組、オフグリッド型太陽光発電外装システムを開発し新実験施設に適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月01日 21:00

オフグリッド型太陽光発電外装システムを適用
大林組は、太陽光発電外装システムを開発し、東京都清瀬市の大林組技術研究所の新実験施設「オープンラボ-2」に適用したことを発表した。

新開発された太陽光発電外装システムは、オフグリッド型(独立型)の発電システム。外装カーテンウォールと一体化した太陽電池による発電を、建物内の送電網に接続せずに、直接、外装の省エネ窓システムに利用するという。

(画像はプレスリリースより)

主な特長
シリコン結晶系による合わせガラスタイプの太陽電池を採用したため、外装デザインに応じて自由に設計可能。従い、外装ガラスカーテンウォールと一体化させることができた。

また、充電コントローラーで発電電力を制御しながら蓄電し、インバーターで交流に変換することで、省エネ窓システムやロールスクリーンなどのモーター駆動に電力を直接利用することが可能である。

さらに、省エネ窓システム「インターロック式換気システム」をパッケージ化。空調負荷低減に向けた大林組独自の換気システムで、年間を通じて適切な換気を行い、窓の省エネ性能を向上させたという。

低炭素社会の実現へ
今回大林組は、限られた発電電力の有効活用に着目し、商用電源と接続しない太陽光発電外装システムを実現した。

今後、この新システムを事務所ビルや商業施設などの建物外装にも積極的に提案していくだけでなく、環境にやさしい社会に貢献していく構えだ。


▼外部リンク

大林組・プレスリリース
http://www.obayashi.co.jp/press/news20140425_01

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る