レノバ、茨城県潮来市にてメガソーラー発電所を運転開始

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. レノバ、茨城県潮来市にてメガソーラー発電所を運転開始

レノバ、茨城県潮来市にてメガソーラー発電所を運転開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月12日 12:00

関東最大級太陽光発電所
レノバは、2月10日、潮来市とミツウロコグリーンエネルギー、芙蓉総合リースとの共同事業によるメガソーラー発電所(大規模太陽光発電所)の運転を2月1日より開始したことを発表した。

この発電所は、実施主体となるSPC(特定目的会社)である水郷潮来ソーラーにより運営され、茨城県潮来市にある「道の駅いたこ」に隣接する約18万平方メートルの事業用地に設置されているという。

なお、「道の駅いたこ」には、本発電所が一望できる展望台と、発電量表示モニターが設置されており、訪れる人はメガソーラー発電所を見学することができるとしている。

(画像はプレスリリースより)

地域に貢献を
発電設備の発電出力は約 14.7MW(モジュールベース)で、想定年間発電量は約 1,470万kWh(一般家庭の約4,000世帯の年間使用電力量に相当)となる。

なお、平成26年度内を目指して、蓄電池(容量7.2kWh)を「道の駅いたこ」の防災拠点化に寄与する取り組みも併せて実施するとともに、本事業収益の一部を「太陽のめぐみ」基金を通じて市内の小中学校に寄付する予定だ。

再生エネルギー事業を積極展開
レノバは、本事業の事業計画の策定から、ファイナンス、工事管理、地域貢献策の検討に至るまで、開発プロセス全般を主導しきた。

また現在、千葉県富津市(40MW)、静岡県菊川市(16.9MWいずれもモジュールベース出力)についてもメガソーラー発電所の建設を行っている。

レノバは、今後もメガソーラー事業をはじめとする再生可能エネルギー事業を積極的に展開し、安心、安全、そして低環境負荷のエネルギー供給体制の実現に貢献していきたいとしている。


▼外部リンク

レノバプレスリリース
http://www.renovainc.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る