鹿島、人間工学に基づいた軽量設計「ウェアラブルバイブレータ」を開発

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島、人間工学に基づいた軽量設計「ウェアラブルバイブレータ」を開発

鹿島、人間工学に基づいた軽量設計「ウェアラブルバイブレータ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月08日 13:15

現場打ちコンクリートの締固め作業に用いる背負い式のバイブレータ
2018年3月6日、鹿島建設株式会社は、現場打ちコンクリートの締固め作業に用いる背負い式のバイブレータ「ウェアラブルバイブレータ」(以下、同バイブレータ)を開発したと発表した。

コンクリートの締固め作業においては、一般的に、振動体・インバータ・電源装置がそれぞれコードで接続された太径のバイブレータが用いられているが、これを操作する作業員の他に、コードを取り回す補助作業員が必要になる。

このため、海外では、小型のエンジンを駆動源とした背負い式のバイブレータも使われ、締固め作業を1人で行えるという省人化に貢献しているが、非常に重いうえに、排気・騒音や安全性の問題で、国内で使用するのに難点があった。
ウェアラブルバイブレータの概要
同バイブレータは、高性能リチウムイオン電池の大容量バッテリー・インバータ・振動体・フレキシブルホースを一体化し、外形寸法がW335×D125×H335mmで、重量が装置全体として10㎏以下であり、日本人の体格にも適した軽量化を実現している。

また、人間工学に基づいて、重いバッテリー部分を本体上部に配置することで、長時間使用しても疲れにくい設計となっている。

なお、1台のバッテリーで約70分間連続して作業できるが、予備のバッテリーと急速充電器を併用すれば、使用時間に制限なく作業することが可能だ。

このため、省人化されるとともに作業環境が改善され、丁寧かつ機動的な締固め作業によるコンクリートの品質向上効果も期待できるとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201803/6c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る