シャープ、ベトナムで48MW大規模太陽光発電所の建設を受注

更新1021

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シャープ、ベトナムで48MW大規模太陽光発電所の建設を受注

シャープ、ベトナムで48MW大規模太陽光発電所の建設を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月27日 18:00

ベトナム企業よりメガソーラー建設を受注

シャープ株式会社は2月26日、ベトナム社会主義共和国において、Thanh Thanh Cong Group(TTCグループ)傘下のGia Lai Electricity Joint Stock Company(GEC社)より大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を受注し、2月23日TTCグループおよびGEC社と現地で調印式を行った、と発表した。

TTCグループは、ベトナムにおいて、不動産、エネルギー、農業、教育などを手掛ける複合企業で、GEC社は、TTCグループの再生可能エネルギー事業の中核を担う合弁企業である。

出力約48MW、年間発電量約61,570MWhを想定

ベトナム政府は、第7次電力開発計画(PDP7)を策定し、太陽光発電の施設容量を、2020年までに850MW、2030年までに12,000MWに引き上げることを計画している。

今回受注した発電所は、ベトナム北中部のトゥアティエン・フエ省に建設する。

モジュール容量の出力規模は、直流約48MWと大規模で、年間発電量は約61,570MWhを見込んでいる。ベトナムの一般的な家庭の年間消費電力量1,887kWh換算で、約32,628世帯分に相当するという。

また、想定温室効果ガス排出削減量は、年間約約20,503tCO2、となる。

2018年2月に着工し、2018年9月に完成、運転開始する予定とのこと。

(画像はシャープ株式会社のHPより)

▼外部リンク

シャープ株式会社のニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/180226-a.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る