ウラタ、日系企業初!カンボジア・プノンペンで大規模複合ビル開発プロジェクト始動

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ウラタ、日系企業初!カンボジア・プノンペンで大規模複合ビル開発プロジェクト始動

ウラタ、日系企業初!カンボジア・プノンペンで大規模複合ビル開発プロジェクト始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月16日 04:00

「World Trade Center Phnom Penh」プロジェクトがスタート

株式会社ウラタは2月14日、同社が出資するカンボジア国のWTCPP MANAGEMENT CO.,LTDが、2018年1月26日カンボジア日本大使公邸にて「World Trade Center Phnom Penh」プロジェクトのスタートを記念し起工式を開催した、と発表した。

地上23階建、日本企業初の大規模複合施設

「World Trade Center Phnom Penh」プロジェクトの目的は、カンボジア王国において、「新たな国際ビジネスの連携拠点の創出」と「日系企業とカンボジア企業の共同事業による日本建築技術の継承」である。

プロジェクトは、カンボジア王国首都プノンペンのトゥールトンポンエリアにおける、日本企業初の大規模複合施設開発となる。

開発地は、プノンペン国際空港から9km、車で約45分、カンボジア王宮から5.4km、車で約25分、在カンボジア日本国大使館から3.4km、車で約10分の場所に立地する。

敷地面積約3,400平方mに、延床面積約43,700平方m、RC造・鉄骨造の地下4階、地上23階建で、最高高さ約106mのホテル、オフィス、文化交流施設、店舗、駐車場等からなる複合施設である。

WTCPP MANAGEMENT CO.,LTDが施主となり、基本設計・実施設計・デザイン監修は株式会社ジー・ワイ設計、マスターデザインアーキテクトは株式会社浦田孝典デザイン事務所、構造デザイン・構造設計は株式会社安藤耕作構造計画事務所、トータル環境デザインは株式会社パーク・コーポレーションが担当する。

施工は、ウラタのカンボジア出資会社URATA S.E (CAMBODIA) CO.,LTDが担う。

2018年4月に着工し、2021年3月に竣工する予定で、2021年6月グランドオープンする予定、とのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ウラタのニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/149457

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る