丸紅とIHIグループ、ミャンマーの幹線鉄道向け電気式気動車納入案件を受注

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 丸紅とIHIグループ、ミャンマーの幹線鉄道向け電気式気動車納入案件を受注

丸紅とIHIグループ、ミャンマーの幹線鉄道向け電気式気動車納入案件を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月12日 18:00

ヤンゴン・マンダレー間の既存路線の老朽化した設備を改修・近代化

2018年2月9日、丸紅株式会社(以下、丸紅)と株式会社IHIのグループ会社である新潟トランシス株式会社(以下、NTS)は、ミャンマー国鉄より、ヤンゴン・マンダレー幹線鉄道向け電気式気動車(以下、同気動車)24両納入案件(以下、同プロジェクト)を受注し、契約を締結したと発表した。

同プロジェクトは、ヤンゴン・マンダレー間の既存路線の老朽化した設備を改修・近代化する事業のパッケージにおいて、日本製品の輸出第一号となる案件で、同事業は、これまでに日本政府の円借款450億円の供与が決定している。

電気式気動車納入案件の概要

同気動車とは、ディーゼルエンジンで発電した電力を使ってモーターで動力を生み出すシステムの車両で、同国最大の商業都市ヤンゴンから首都ネピドーを通り、第二の商業都市マンダレーへ向かう、中間地点であるタングーまでの約267kmを結ぶ幹線鉄道を走る計画だ。

これまでは、ヤンゴンからタングーまで約7時間要していたが、同プロジェクトにより、約3時間20分に大幅短縮されるとのこと。

なお、受注金額は約70億円で、丸紅はコンソーシアムのリーダーとして商務全般を担当し、NTSは同気動車の設計・製造・試験・教育訓練などを担当する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

丸紅 ニュースリリース
https://www.marubeni.co.jp/news/201802091.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る