円借款とは

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 円借款

円借款

円借款(えんしゃっかん)とは、日本が開発途上国に対し、低金利かつ長期の緩やかな条件で開発資金を貸し付けることで、開発途上国の発展への取り組みを支援することである。政府開発援助(ODA)の中の、二国間援助のひとつである。有償資金協力とも呼ばれる。特に、「貧困撲滅」「平和の構築」「地球規模問題への対応」に貢献する分野への支援を積極的に行っている。

■政府開発援助(Official Development Assistance,ODA
政府が、開発途上国に行う資金や技術の協力のこと。開発途上国を直接支援する二国間援助と、国際機関を通じて支援する多国間援助がある。

■二国間援助
途上国に対して無償で提供される「贈与」と、途上国が返済することを前提とした「政府貸付」に分けられる。「円借款」は「政府貸付」にあたる。

円借款の特徴
・資金の返済を求めるため、開発途上国が自主的に取り組む意欲を高める。また、効率的な利用と適切な事業管理を促すことができる。
・返済を前提としているため、日本側にとっても財政負担が小さく、持続しやすい支援手段となっている。

■対象となる地域
日本と地理的、歴史的、経済的なつながりが強いアジア地域が中心となっている。アジア地域以外の国々からのニーズも大きく、これまで合計103か国に及ぶ地域を支援している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる