東京建物、銀座・大宮で推進するホテル開発事業の概要とオペレーターが決定

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京建物、銀座・大宮で推進するホテル開発事業の概要とオペレーターが決定

東京建物、銀座・大宮で推進するホテル開発事業の概要とオペレーターが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月10日 16:00

都市型ホテル開発事業の展開を加速

2018年2月7日、東京建物株式会社は、「(仮称)銀座2丁目プロジェクト」(以下、同銀座プロジェクト)および「(仮称)大宮駅西口ホテルプロジェクト」(以下、同大宮プロジェクト)の概要とホテルオペレーターが、それぞれ決定したと発表した。

同社は、都市型ホテル開発事業を積極的に進めており、立地に応じて、ホテルオペレーターと複合用途をベストミックスし、事業性を最大化していくとのこと。

「(仮称)銀座2丁目プロジェクト」の概要

同銀座プロジェクトは、世界的商業都市である東京都中央区銀座二丁目に所在し、地下鉄有楽町線「銀座一丁目」駅徒歩1分、同浅草線・日比谷線「東銀座」駅徒歩2分、JR「有楽町」駅徒歩8分と、交通至便で、八重洲・京橋・有楽町エリアも徒歩圏であり、観光とビジネス両面での顧客が見込める。

ホテルの規模は、延床面積約5,700平方メートル・敷地面積約480平方メートルで、地上16階・客室数182室の鉄骨造であり、ホテルオペレーターには、「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社」を迎える予定だ。

「(仮称)大宮駅西口ホテルプロジェクト」の概要

同大宮プロジェクトは、大宮駅西口第四土地区画整理事業4街区5・6・7画地に所在し、北関東・信越・東北エリアへの結節点として、新幹線を含む多くの路線が利用可能な全国有数のターミナル駅である「大宮駅」まで徒歩8分に位置している。

ホテルの規模は、延床面積約10,100平方メートル・敷地面積約2,250平方メートルで、地上14階・客室数321室の鉄骨造であり、ホテルオペレーターには、「株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント」を迎える予定だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京建物 ニュースリリース
http://pdf.irpocket.com/C8804/UV5D/UzSO/SPn7.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る