日本GLP、兵庫県神戸市でマルチテナント型物流施設を竣工

更新1210

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日本GLP、兵庫県神戸市でマルチテナント型物流施設を竣工

日本GLP、兵庫県神戸市でマルチテナント型物流施設を竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月27日 08:00

広域配送向け物流拠点として活用

2018年1月25日、日本GLP株式会社は、兵庫県神戸市西区の「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内で、マルチテナント型の物流施設「GLP神戸西II」(以下、同施設)の竣工式を執り行ったと発表した。

同施設は、「神戸西IC」の至近に位置し、神戸市内へのアクセスが約30分とエリア配送に最適な立地で、京都・大阪のみならず中国・四国地方まで網羅する広域配送の物流拠点として活用できる。

「GLP神戸西II」の概要

同施設は、地上4階建て、延床面積約71,486平方メートルのマルチテナント型物流施設で、1・2階と3・4階を組み合わせた2層使いを想定しており、スロープで3階へ直接アクセスできる構造になっている。

また、1階は両面バースに対応し、1・3階に高床バースを設置するとともに、12基の垂直搬送機と8基の荷物用エレベータの十分な縦搬送能力を備えている。

さらに、2・4階は天井高が6m以上で保管効率が高く、1・2階は冷凍冷蔵倉庫に対応しているうえに、食品コンテナ・パレットなどを洗浄できる給排水やガス引き込み等も備え、フロアの分割最小区画は2層使いで約5,000平方メートルになっている。

なお、同施設の立地するエリアは堅固な地盤で災害リスクも少ないが、万が一の場合に備えて、モニターやLAN装備などを備えたBCP対応型共用会議室を設けるとともに、防災センターや一部事務所の照明・コンセント・トイレなどへ電気を供給できるバックアップ電源設備を設置している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本GLP プレスリリース
https://www.glprop.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る