三菱電機、DIC株式会社鹿島工場向け太陽光発電設備が竣工

更新818

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱電機、DIC株式会社鹿島工場向け太陽光発電設備が竣工

三菱電機、DIC株式会社鹿島工場向け太陽光発電設備が竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月24日 13:00

自家消費を目的とした太陽光発電設備として国内最大級のメガソーラー
2018年1月23日、三菱電機株式会社は、茨城県に所在するDIC株式会社鹿島工場向けに納入した1.6メガワットの太陽光発電設備(以下、同発電設備)が1月26日に竣工すると発表した。

同発電設備は、自家消費を目的とした太陽光発電設備として国内最大級で、環境省の「2017年度再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業」における「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」に採択されている。
DIC株式会社鹿島工場向け太陽光発電設備の概要
同発電設備は、太陽電池モジュール5,588枚、1,500kW(750kW×2式)のパワーコンディショナおよびパワーコンディショナ収納盤(エンクロージャ)1式で構成されており、太陽電池モジュールは、耐候性に優れた三層構造PETフィルムを採用するとともに、フレーム取り付け部材にメッキ処理を施して耐塩性を強化している。

さらに、沿岸部の遊休地を有効活用するために、パワーコンディショナの収納盤(エンクロージャ)を耐塩仕様にするとともに、空調室外機に重耐塩仕様品を採用している。

また、太陽電池モジュールのフレーム四隅に水切り加工を施して高い排水性と埃の排出性を確保し、低勾配で設置してモジュールアレイの設置間隔を縮小し発電容量を向上させるとともに、架台製造コストなどの経済性や限られたスペースを考慮したシミュレーションにより最適な設置傾斜角でレイアウトして年間発電量を最大化している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る