大和ハウス、大型マルチテナント型物流施設「DPL坂戸」を着工

更新1021

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大和ハウス、大型マルチテナント型物流施設「DPL坂戸」を着工

大和ハウス、大型マルチテナント型物流施設「DPL坂戸」を着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月19日 06:00

東日本全域にアクセスできる場所に位置し、中継物流施設として機能

2017年12月18日、大和ハウス工業株式会社は、埼玉県坂戸市において埼玉県最大かつ同社最大の延床面積となる、大型マルチテナント型物流施設「DPL坂戸」(以下、同施設)を着工すると発表した。

同施設は、関越自動車道「坂戸西スマートインターチェンジ」から約100m、圏央道「鶴ヶ島ジャンクション」から約5kmに位置し、首都圏から山梨・長野・新潟など東日本全域までアクセスできる好立地だ。

「DPL坂戸」の概要

同施設は、地上4階建てのプレキャスト・プレストコンクリート造一部鉄骨造で、延床面積178,711平方メートル・敷地面積88,565平方メートルであり、最大24テナントの入居が可能で、約4,400平方メートルの区画から入居できる。

また、各区画に事務所を設置できるとともに、らせん状のランプウェイを2基(ダブルランプウェイ)採用して、特殊車両である45フィートコンテナ車が各階に直接乗り入れることができ、施設全体で256台分のトラックバースも用意している。

さらに、テナント企業従業員の労働環境整備の一環として、託児所やカフェテリア・コンビニエンスストア・休憩スペースを設置し、通勤支援として、東武東上線・越生線の「坂戸駅」と「DPL坂戸」の間でバスを運行する予定で、普通乗用車約700台・自動二輪車約100台の駐車場や、自転車約100台の駐輪場も用意している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大和ハウス ニュースリリース
http://www.daiwahouse.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る