OGM、いづも大社カントリークラブのメガソーラー発電所が売電開始

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. OGM、いづも大社カントリークラブのメガソーラー発電所が売電開始

OGM、いづも大社カントリークラブのメガソーラー発電所が売電開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月16日 11:00

ゴルフ場を活用したソーラー発電事業

2017年12月14日、オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社(以下、OGM)は、島根県出雲市で運営するゴルフ場「いづも大社カントリークラブ」(以下、同ゴルフ場)において建設をすすめていたメガソーラー発電所(以下、同発電所)が完成し、売電を開始したと発表した。

近年はゴルフ人口が減少しつつあり、ゴルフ場がさまざまな場面で効率化を迫られている中、OGMは、収益機会を多様化する一手段として、ソーラー発電事業などによる余剰スペースの有効利用を進めている。

「いづも大社カントリークラブ」におけるメガソーラー発電所の概要

同ゴルフ場は、出雲大社から約25分の丘陵地に位置し、冬でもゴルフを楽しむことができる18ホールのゴルフ場であるが、2015年11月末まで営業していた「華蔵コース」(9ホール)を活用して、2016年7月から同発電所を建設していた。

同発電所は、敷設パネル数計5万688枚・最大出力1万3685kWで、年間予想発電量が一般家庭約3930世帯分の年間電力消費量に相当する約1418万kWhとなる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

オリックス・ゴルフ・マネジメント プレスリリース
https://www.orix-realestate.co.jp/news/pdf/press_171214.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る