大成建設、ミャンマー・ヤンゴン「ヨマ・セントラルプロジェクト」工事に参画

更新718

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大成建設、ミャンマー・ヤンゴン「ヨマ・セントラルプロジェクト」工事に参画

大成建設、ミャンマー・ヤンゴン「ヨマ・セントラルプロジェクト」工事に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月02日 15:00

ミャンマー連邦共和国・ヤンゴン市中心部の敷地約4Haを再開発
2017年11月30日、大成建設株式会社(以下、大成建設)は、ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市中心部の敷地約4Haを再開発し、複合施設を建設する「ヨマ・セントラルプロジェクト」(以下、同プロジェクト)を受注し、工事に参画すると発表した。

同国は、2011年に民政移管したことから、市場開放等による経済改革を進め、国外からの投資が活発化して安定した経済成長を達成し、さらに、2016年に誕生した現政権は規制緩和を実施して、同国への投資を歓迎しているため、今後も更なる発展が期待されている。

大成建設は、フランスの大手建設会社ブイグ社のグループ会社であるバイマ社と特定目的会社(SPC)BYMA TAISEI PTE.Ltd.を設立し、共同で同プロジェクトを施工する。工期は、2017年12月〜2021年7月の44ヶ月となる予定。

なお、発注者は、Serge Pun & Associatesグループ、三菱商事、三菱地所、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)と、国際金融機関が設立したSPCであるMeeyatah Development Ltd.だ。
工事の概要
同プロジェクトで建設される複合施設は、延床面積が265,138平方メートルで、24階建ての事務所棟2棟、27階建てのコンドミニアム棟1棟および27階建てのサービスアパート・ホテル棟1棟から構成され、各棟の低階層が商業施設、地下階が駐車場となる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る