三井住友建設、ベトナム・ハノイ市で都市高速道路工事を受注

更新122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井住友建設、ベトナム・ハノイ市で都市高速道路工事を受注

三井住友建設、ベトナム・ハノイ市で都市高速道路工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月07日 19:00

マイジック―南タンロン区間の都市高速道路工事
三井住友建設株式会社は11月6日、ベトナム社会主義共和国ハノイ市の外郭に沿う環状3号線のうち、マイジック―南タンロン区間の都市高速道路工事を受注した、と発表した。

マイジック―南タンロン区間を結ぶハノイ市環状3号線整備事業は、2013年12月有償資金協力として契約額205.91億円で調印された日本の政府開発援助(ODA)の一環である。

総延長距離2,483.7m、請負金額約74億円、工期28か月
ベトナムは、急速な経済発展、人口増加、モータリゼーションに伴い、幹線道路を中心に交通量が急激に増加している。特にハノイ市は交通量の増大により交通渋滞が深刻化・慢性化し、社会経済活動が阻害されている。

このため、ハノイ市内交通の混雑緩和と、周辺の工業団地やハイフォン市等の周辺地域との交通・物流の円滑化を図るため、ハノイ市環状3号線を整備する。

今回のプロジェクトは、ベトナムの首都ハノイ市市街地の外郭に沿う環状3号線のうち、高規格道路が未整備の5km区間を高架型の都市型高速道路に整備する工事の一部、総延長距離2,483.7mである。

設計は日本工営と大日本コンサルタントの共同企業体、施工監理はオリエンタルコンサルタンツグローバル、オリエンタルコンサルタント、片平エンジニアリング・インターナショナル、TEDI-APECOの共同企業体が担う。

三井住友建設は、シエンコ4グループ共同企業体で施工を行う。共同企業体の請負金額は、約74億円である。

工期は、28か月とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井住友建設株式会社のニュースリリース
http://www.smcon.co.jp/2017/110620229/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る