大成建設、工事現場における自然由来の砒素汚染泥水を省スペース磁選機で浄化

更新1118

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大成建設、工事現場における自然由来の砒素汚染泥水を省スペース磁選機で浄化

大成建設、工事現場における自然由来の砒素汚染泥水を省スペース磁選機で浄化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月17日 05:00

自然由来の砒素を含む汚染泥水から砒素を除去
大成建設株式会社は10月16日、2014年に開発した自然由来の砒素を含む汚染泥水の浄化装置をシールド工事の泥水処理施設に組み込み、泥水に含まれる砒素を抽出して除去できることを実証した、と発表した。

鉄粉混合により砒素を吸着し、鉄粉だけ分離・回収する砒素汚染泥水浄化装置
泥水式シールド工事で発生する自然由来の砒素を含む汚水は、セメント原料の利用や埋立処分されている。しかし、処理量に限界があり、砒素を除去して再生利用する方法が求められている。

大成建設は、砒素を含む汚水に鉄粉を混合させて砒素を吸着させ、鉄粉だけ分離・回収する磁選技術による砒素汚染泥水浄化装置を開発した。

砒素汚染泥水浄化装置は、鉄粉混合槽と長さ1mの永久磁石を搭載したマグネット分離装置である小型磁選機から構成される。

実際の泥水式シールド工事で約1か月間運用され、累積で約1,200立法mの泥水を処理した。装置を泥水処理施設に付加したことにより、工事で発生した泥水から安定して砒素を除去することができた。

処理装置は、既存の処理施設に対して10%以下の面積に設置でき、省スペース化を実現した。

今後は、泥水式シールド工事に砒素汚染泥水浄化装置を適用し、汚泥に含まれる自然由来の砒素を浄化し、汚泥の再利用を促進する予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設株式会社のニュースリリース
http://www.taisei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る