日揮、米国西海岸初!大型LNGプラント建設プロジェクトを受注

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日揮、米国西海岸初!大型LNGプラント建設プロジェクトを受注

日揮、米国西海岸初!大型LNGプラント建設プロジェクトを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月08日 18:00

3社共同で米国西海岸初の大型LNGプラント建設を受注
日揮株式会社(JGC)の米国法人JGC US Projects, LLC(JGC US)は7月7日、米国Kiewit Energy Group Inc.(キウイット社)および米国Black & Veatch Construction Inc.(ブラック&ビーチ社)と共同で、米国西海岸初の大型LNGプラント建設プロジェクトを受注した、と発表した。

プロジェクトは、米国Jordan Cove LNG LLC(ジョーダンコーブLNG社)が米国オレゴン州クーズベイ地区(オレゴン州南西部太平洋岸)に計画する、ジョーダンコーブLNGプラント建設プロジェクト、である。

LNG年間生産量は最大で780万t
現在、LNGは世界的に供給過剰であるが、主にアジア圏の需要拡大により、2020年代前半に均衡し、その後供給不足になると予測されている。

LNGプラントの建設期間は4年から5年が必要で、メジャーオイルの北米LNGプラント建設計画の最終投資決定が、需給バランスを検討し、2018年から2019年以降に行われると期待される。

ジョーダンコーブLNG社も、2019年を目途に最終投資判断を行う予定である。

ジョーダンコーブLNGプラント建設プロジェクトは、米国ロッキー山脈周辺とカナダ南西部で産出される天然ガスを原料としてLNGを生産し、米国西海岸から日本やアジア諸国へ輸出するプロジェクトである。

プロジェクトは、5系列合計で年間生産量最大780万tの性能を持つ天然ガス液化設備を導入する。

JGCグループは、ランプサム契約により、ガス貯蔵設備、およびLNG出荷施設に係る設計・調達・建設工事(EPC)役務を受注した。なお、受注金額は非公開とのこと。

ジョーダンコーブLNG社は、2024年の生産開始を目指すという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日揮株式会社のニュースリリース
http://www.jgc.com/jp/DisplayHtml/view/211

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る