プライメタルズ テクノロジーズ、宝鋼より熱間圧延機用インダストリー4.0パッケージを受注

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プライメタルズ テクノロジーズ、宝鋼より熱間圧延機用インダストリー4.0パッケージを受注

プライメタルズ テクノロジーズ、宝鋼より熱間圧延機用インダストリー4.0パッケージを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月25日 20:00

「インテリジェント工場」パイロットプロジェクトの一環として、新技術パッケージを導入
2017年6月22日、プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies, Limited)は、宝山鋼鉄股份有限公司(Baoshan Iron & Steel Group Co. Ltd:Baosteel、以下、宝鋼)から、熱間圧延機の板幅制御性能向上と、スクラップ材発生量削減を実現する新技術パッケージの動的板幅制御システム「Dynamic Width Control」(以下、同制御システム)を受注したと発表した。

同制御システムを組込む際には、生産ラインを停止する必要がないため、2017年末までに、通常生産を継続しながら試運転と調整が行われる。

なお、宝鋼は、新たに設立された宝鋼集団有限公司(China Baowu Steel Group Corp Ltd)の傘下にあり、約6千万トンの年産量を持つ世界第2位の鉄鋼メーカーだ。

また、宝鋼の熱間圧延機(HSM 1580)は政府プログラム「China Manufacturing 2025(中国製造 2025)」において「インテリジェント工場」パイロットプロジェクトに選出されている。
動的板幅制御システムの概要
同制御システムは、熱間帯鋼を張力制御して、板幅を調整する。この際、板幅偏差は仕上げ圧延機の入側と出側で測定され、入側板幅の偏差はフィードフォワード幅制御で、出側の板幅に残った偏差はフィードバック幅制御で、補償制御される。

また、フィードフォワード幅制御で、ロールバイト内での幅広がりやスタンド間のクリープ変形の影響も考慮する。さらに、機械学習ベースの幅変化予測機能により、上流側となる粗圧延機の正確な目標圧延板幅を計算し、圧延設定も改善している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プライメタルズ テクノロジーズ プレスリリース
http://www.primetals.co.jp/japan/press/pdf/20170622.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る