クリープとは

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. クリープ

クリープ

クリープとは、鉄筋コンクリートや木でできた梁が、荷重を長期間受けることによってたわむ現象。
大気中の湿度や、コンクリート中に含まれるセメントの分量などによってクリープの度合いは変化する。
※一般的に、温度や湿度が高ければ高いほどクリープは生じやすい。しかし鉄筋コンクリートの場合は乾燥に弱いため、湿度が低いほどクリープが生じやすくなる。

どんな材料を使って建築物を造るにしても、ある程度時間が経ったときに生ずるクリープは避けられない。そのため、設計時には必ずクリープを想定して設計する。
クリープ現象が原因で材料が壊れることを「クリープ破壊」という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる