プロロジス、兵庫県において国内最大級の物流施設集積拠点の開発スタート

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プロロジス、兵庫県において国内最大級の物流施設集積拠点の開発スタート

プロロジス、兵庫県において国内最大級の物流施設集積拠点の開発スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月19日 08:00

産業団地「プロロジス猪名川プロジェクト」の造成工事に着手
プロロジスは6月16日、兵庫県川辺郡猪名川町において、先進的物流施設の集積拠点となる産業団地「プロロジス猪名川プロジェクト」造成工事の起工式を行った、と発表した。

マルチテナント型物流施設1棟、BTS型物流施設4棟を建設
開発地は、兵庫県川辺郡猪名川町南部に位置し、2017年秋には約2km地点に新名神高速道路「川西」ICが開通予定である。これにより大阪、京都、広島方面までの西日本エリアへの広域配送が効率的になり、物流施設として最適な立地条件を備えている。

猪名川町は、約44.5haの町有地を産業拠点地区とし、2015年7月民間の開発事業者を募集した。優先交渉事業者として選定されたプロロジスは、2017年2月猪名川町と基本協定書を締結し、3月開発許可を取得し、今回「プロロジス猪名川プロジェクト」として造成工事に着手した。

プロロジス猪名川プロジェクトは、開発区域面積約452,000平方m(約137,000坪)に、総延床面積約258,000平方m(約78,000坪)のマルチテナント型施設1棟とBTS(特定企業専用物流)型施設4棟の合計5棟を建設する計画である。

プロロジスは、事業区域内の30%の緑地を保全し、周辺住民や従業員が利用できる約4,000平方mの公園、ドクターヘリの発着場・消防活動拠点・避難拠点として活用できる約8,000平方m超の防災広場を整備し、猪名川町へ提供するとのこと。

2019年11月末まで造成工事を行い、物流施設1棟目の開発に着手し、2021年春~夏頃竣工する予定とのこと。

官民一体整備で国内最大規模の物流施設集積拠点
プロロジス猪名川プロジェクトは、官民一体で整備する国内最大規模の物流施設集積拠点で、プロロジスの開発事業としても国内最大、という。

造成工事では、最新の情報化施工技術を導入して国土交通省のi-constructionに積極的に取り組み、安全・安心・高効率な工事を実施する。

造成後建設する施設は、再生エネルギー、エネルギーマネジメントを積極的に活用する計画であるという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プロロジスのニュースリリース
http://www.prologis.co.jp/new/distribution/170616.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る