大林組、環境共生建築設計用熱負荷シミュレーションシステム「エコシミュレ」を開発

更新1122

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大林組、環境共生建築設計用熱負荷シミュレーションシステム「エコシミュレ」を開発

大林組、環境共生建築設計用熱負荷シミュレーションシステム「エコシミュレ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月06日 07:00

熱負荷シミュレーションの自由度と精度を高め、より高度な設計が可能に
2017年6月2日、株式会社大林組は、熱負荷シミュレーションシステム「エコシミュレ」(以下、同システム)を開発したと発表した。

建築物の省エネルギー化・ZEB化は、持続可能な社会を実現するうえで重要な課題である。

同システムは、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の達成や環境共生建築の実現に必要な省エネルギー手法に関し、その導入効果をより正確に予測するもので、同システムの開発により、環境共生建築の実現に向けた高度な設計と評価が可能になった。
「エコシミュレ」の主な特長
同システムは、空気調和・衛生工学会で開発された動的熱負荷計算プログラム「NewHASP/ACLD」やBIM(Building Information Modeling)を、窓、換気、光シミュレーションプログラムの入力データとして活用し、最終的な熱負荷シミュレーションまでのフローを自動化したもの。

このため、設計者自身に専門知識がなくても、複雑なシミュレーションを効率よく行え、省力化が可能になった。

また、適正な空調機器容量を算出し、適正な能力の設備機器を選定することで導入コストの低減が図れ、年間の省エネ効果予測が可能となった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大林組 プレスリリース
http://www.obayashi.co.jp/press/news20170602_01

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る