ZEBとは

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ZEB

ZEB

ZEB(ゼブ)とは、省エネや再生可能エネルギーの利用により、建物のエネルギー消費量を削減し、限りなくゼロにするという考え方である。「ゼロ・エネルギー・ビル(zero energy building)」の略である。

経済産業省は、2030年を目安に、全ての新築ビルをZEB化することを提言している。すでに、エネルギー最適化を目的としてBEMS(ベムス)を導入したスマートビルが存在する。

※BEMS…建物の使用エネルギーや室内環境を把握し、省エネルギーに役立てていくためのシステムのことである。具体的には、計測・計量装置、制御装置、監視装置、データ保存・分析・診断装置などで構成される。
※スマートビル…建物全体のエネルギー最適化を図ることができる次世代型のビルである。

ZEBを実現するための手段
ZEBを実現するためには、省エネを進めてエネルギー消費量を減らす方法と、発電設備を導入して発電量を増やす方法がある。

(主な省エネ方法)
・BEMSの導入
・採光方法の工夫
・換気方法の工夫
・照明や空調設備の最適化
・地中熱利用ヒートポンプの導入

(主な発電方法)
・燃料電池
・風力発電
・太陽光発電
・太陽熱発電
・コージェネレーションシステム(熱源より電力と熱を生産し供給するシステム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる