日揮、アフリカ地域初の洋上LNGプラント建設プロジェクトを受注

更新920

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日揮、アフリカ地域初の洋上LNGプラント建設プロジェクトを受注

日揮、アフリカ地域初の洋上LNGプラント建設プロジェクトを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月03日 14:00

水深2,000メートルを超える深海ガス田向けFLNGプロジェクト
2017年6月2日、日揮株式会社(以下、日揮)は、テクニップFMC社(Technip FMC)、サムスン重工業社(Samsung Heavy Industries Co. Ltd.)と共同で、コーラルFLNG社(Coral FLNG SA)がモザンビーク共和国において計画している洋上LNGプラント(以下、同FLNG)建設プロジェクト(以下、同プロジェクト)を受注したと発表した。

モザンビークでは、近年、大型ガス田が発見され、複数のLNG、およびその他のガス開発が計画されているが、同プロジェクトは、初めて具体化される計画だ。

同プロジェクトで建設される同FLNGプラントは、水深2,000メートルを超える深海ガス田向けFLNGプロジェクトとして世界初の事例で、海洋油ガス業界において先駆的なプロジェクトだ。
建設プロジェクトの概要
同プロジェクトの設置場所は、モザンビーク共和国沖コーラルガス田で、タンザニア国境沿いの沖約50km、水深2,000mだ。

また、契約先であるコーラルFLNG社はモザンビーク法人で、契約内容はFLNGプラント(生産能力、年産約340万トン)に係わる設計、機材調達、建設工事、据付および試運転の役務。

コーラルFLNG社は、2014年に日揮コンソーシアムを含む3グループに対して基本設計役務を発注し、競争入札の結果、日揮コンソーシアムがEPCIC役務一式を受注した。

日揮とテクニップFMC社のジョイントベンチャーは、同FLNGトップサイドの設計・機材調達、及びプロジェクト全体の管理を担当する。

また、韓国サムスン重工社は、同FLNG船体のEPCとトップサイドのファブリケーションを担当する。

(画像は日揮公式ホームページより)


▼外部リンク

日揮 ニュースリリース
http://www.jgc.com/jp/DisplayHtml/view/202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る