BCPGジャパン、岡山県勝田郡奈義町で14MWメガソーラー発電所の竣工式を実施

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. BCPGジャパン、岡山県勝田郡奈義町で14MWメガソーラー発電所の竣工式を実施

BCPGジャパン、岡山県勝田郡奈義町で14MWメガソーラー発電所の竣工式を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月05日 10:00

奈義太陽光発電所の竣工式を実施
ビーシーピージージャパン株式会社(BCPGジャパン)は4月3日、岡山県勝田郡奈義町において、メガソーラー発電所「奈義太陽光発電所」を完工し、3月2日から商業運転を開始し、3月30日竣工式を行った、と発表した。

BCPGジャパンは、タイ国の石油関連企業Bangchak Petroleum社の再生可能エネルギーに特化した子会社、BCPG Public Company Limitedの実質的100%子会社で、2010年に設立した。日本と北東アジア地域において、太陽光を主とする再生可能エネルギー発電事業の開発・建設・操業を行う。

出力14.38MW、年間発電量約16,367GWhを見込む
奈義太陽光発電所は、岡山県勝田郡奈義町の町有地と1名の個人所有の用地197,137平方mに出力14.38MWのメガソーラー

年間発電量は、約16,367GWh、一般家庭約3,700世帯の年間消費電力量に相当する発電を見込んでいる。

発電所の設計・施工は、IHIプラント建設株式会社が担当した。太陽光パネルは、中国Trina Solar社の太陽光発電パネル45,780枚を設置し、東芝三菱電機産業システム株式会社の750kWパワーコンディショナー14台に接続した。

発電した電力はFIT制度を活用して、中国電力株式会社に全量売電する。

建設資金は、オランダの総合金融機関ING Bank N.V.からプロジェクトファイナンスで調達した。

奈義太陽光発電所は、6番目かつ最大規模
BCPGジャパンは、現在までに九州地域に4か所合計約13MWの太陽光発電所を建設し、2016年7月に秋田県にかほ市の13MWの発電所が操業中である。奈義太陽光発電所は、中国地方初の発電所で、6番目かつ最大規模のものである。

BCPGジャパンが保有する太陽光発電所の最大出力合計は、約40MWになった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ビーシーピージージャパン株式会社のニュースリリース
http://www.bcpg.jp/news/2017-04-03.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る