三井住友建設、物流施設向け「スクライム-PC工法」を開発

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井住友建設、物流施設向け「スクライム-PC工法」を開発

三井住友建設、物流施設向け「スクライム-PC工法」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月03日 16:00

タワーマンション建築技術と橋梁建築技術を融合
三井住友建設は3月29日、物流施設向けの新たなプレキャスト・プレストレストコンクリート工法となる「スクライム-PC工法」を開発したと発表した。

超高層マンションの建築で高品質・高速施工を可能とする三井住友建設の独自技術「スクライム工法」と「スクライム-H工法」に、橋梁分野の「プレストレストコンクリート技術」を融合させたもの。

PCa柱、短スパン方向は柱梁接合部一体型のPCa大梁(スクライム大梁)、直交する約12メートルのロングスパン方向はPCa大梁(スクライム-H大梁)と、主要構造体すべてがRC部材で構成されるのが特徴だ。これによって高品質、高速施工、フレキシブルな大空間を実現した。

物流施設に求められる高品質・高速施工・大空間を実現
RC造のメリットである梁・床の変形や振動の低減に加えて、大スパンを可能とするPC技術に、PCa化率と施工性に優れた「スクライム技術」を融合した工法で、ロングスパン方向はポストテンション方式のPC技術を採用し、大きな積載荷重に耐える大スパン構造が可能となった。

これに免震構法を組み合わせることで耐震壁や筋交いなどの耐震要素のないフレキシブルな内部空間を創出する。

さらに、品質管理に万全を期したPCa工場で全ての構造部材を製作することで高品質を保ち、「スクライム技術」を採用することで短期間での建設が可能になる。

三井住友建設は新たな工法について、
大規模化、機能や品質の向上、早期稼動など、多様化・高度化する物流施設に対する事業主のニーズ
(プレスリリースより)

に幅広く対応できるようになった、と述べている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三井住友建設株式会社のプレスリリース
http://www.smcon.co.jp/2017/032918737/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る