日立造船、コンポガス事業で米国市場へ初参入

更新1217

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立造船、コンポガス事業で米国市場へ初参入

日立造船、コンポガス事業で米国市場へ初参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月26日 00:00

廃棄物処理に加え、電力と堆肥を販売する運営事業

2017年03月24日、日立造船株式会社は、同社の100%子会社でごみ焼却発電プラント建設事業を営むHitachi Zosen Inova AG(以下、HZI)と共同で、米国市場のコンポガス事業に初参入すると発表した。

同社グループ出資で設立する特別目的会社Kompogas SLO LLC(米国、以下SPC)が事業者となり、コンポガスプラント(以下、同プラント)の建設・運営事業を行う。

コンポガスプラントは米国カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポ郡に建設され、総事業費約22百万米ドルで、建設期間は2016年12月~2018年6月。また、運営期間は2018年7月から20年間だ。

コンポガスプラント事業の概要

同プラントでは、HZIのコンポガス技術「Kompogas」により、年間30,000トンの植物ごみや食品残渣の分別収集食品ごみをメタン発酵させ、処理過程で年間2,907,000N立法メートルのバイオガスを生成する。

また、バイオガスを燃料とするガスタービンで発電し、地元電力会社に売電する。発電出力は年間6,207,000kWで、約600世帯に電力を供給可能だ。

なお、発酵後残渣は、固形堆肥および液肥(年間合計20,000トン)として販売する予定。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立造船 ニュースリリース
https://www.hitachizosen.co.jp/release/2017/03/002521.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る