自然電力グループ初!新潟県にてソーラーシェアリングをスタート

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 自然電力グループ初!新潟県にてソーラーシェアリングをスタート

自然電力グループ初!新潟県にてソーラーシェアリングをスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月09日 11:00

営農型太陽光発電事業を開始
自然電力グループは、3月7日、新潟県新潟市にて、ソーラーシェアリングによる「新潟鈴木ファーム太陽光発電所」の建設を開始したことを発表した。

なお、ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行う太陽光発電事業の手法であり、今回の取り組みは、自然電力グループ初となる試みとなった。

新発電所の概要
この事業は、自然電力グループが、開発からEPC(設計・調達・建設)までを一貫して行うプロジェクトで、鈴木農園の一部約1万8,900平方メートルの農地を利用し、メガソーラーを建設するものである。

新発電所の発電出力は、約1.36MW。年間発電量は、一般家庭約440世帯の年間使用電力量に相当する約144万5,000kWhを見込み、発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用し、東北電力へ売電する計画だ。

なお、新発電所の設計・施工にあたっては、農作物への日射量確保に努め、架台間の距離を充分に確保。また、地面からパネルの下端までの距離を約2メートル離すことで、農業機械が架台の下を通過できるようにする予定であり、運転開始時期は2017年5月を目指す。

地域密着型の発電事業を展開
同社は、今回の取り組みをきっかけに、地域農業の発展と再生可能エネルギーによる発電量のさらなる拡大を図りたい考えだ。

また今後も引き続き、地域に根差した発電事業を手掛けるとともに、低炭素社会の実現に貢献していく方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

自然電力 プレスリリース
http://shizenenergy.net/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る