清水建設、ジャカルタに47階建てのタワービル上棟

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 清水建設、ジャカルタに47階建てのタワービル上棟

清水建設、ジャカルタに47階建てのタワービル上棟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月23日 21:45

インドネシアでも屈指の高さを誇るタワービル
清水建設は2月20日、インドネシアのジャカルタにてタワービル「アストラ・タワー」を棟上げ式を行った。

「アストラ・タワー」は地元企業との共同企業体として建設を進めているもの。インドネシア最大のコングロマリットであるアストラ・インターナショナル社の本社ビルとなる。

インドネシアで最高層を競う地上47階建て、高さ261.5メートルの超高層ビルで、ジャカルタ最大のビジネス街・スディルマン地区の目抜き通り「スディルマン通り」沿いに位置し、既に界隈のランドマークとなっている。

工事の効率化で工期短縮を目指す
棟上げ式には発注者のアストラ・インターナショナル社の社長をはじめ関係者が出席し、屋上ヘリパッドに最終節の鉄骨を吊り込んでビルの躯体を完成させた。

現時点の工事請負金額は、約221億円。契約工期は2014年9月から2018年3月までとなっており、着工時点から工期短縮のための創意工夫を重ねてきた。

基礎工事では掘削土砂の搬出方法の合理化を図り約3か月半、6階~46階の躯体工事では型枠や鉄筋のユニット化、階段や間仕切壁の現場打ちのPCa化によって約2か月半、合計6か月の工期短縮を実現した。

今後も納期短縮に取り組み、契約工期を前倒しして2017年9月の完成を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

清水建設株式会社のプレスリリース
http://www.shimz.co.jp/news_release/2017/2016051.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る