清水建設ら、順天堂医院B棟でLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得

更新327

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 清水建設ら、順天堂医院B棟でLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得

清水建設ら、順天堂医院B棟でLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月14日 18:45

米国発、建築環境の総合性能評価指標「LEED」
清水建設は12日、東京・文京区にて2016年4月に竣工した順天堂医院B棟について、学校法人順天堂とともにLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得したと発表した。

建築環境の総合性能評価指標であるLEEDは、米国グリーンビルディング協議会(USGBC)が主宰。環境先進企業の環境ブランディングや建物の売買・テナント誘致のための差別化における指標、ならびにファンドの建物性能評価基準等に活用されている。

うちHealthcare(医療施設)版は2011年より新たに設立された認証で、清水建設と順天堂では順天堂医院B棟を世界的なエコホスピタルとすべく、その取得を目標とした取り組みを実施設計の終了段階より実施。設計内容の見直しや、米国発の認証であるがゆえ日本の基準に合致しない審査項目等についてすり合わせを行い、認証取得に挑戦した。

世界的にも取得事例の少ない中での取得
結果として同建物は、省エネと快適性向上、BCPの重点項目に加え、節水や敷地緑化、リサイクル建材の採用、室内環境管理等が評価されたほか、設計施工を一括で請け負うことによる意匠・構造・設備・施工の緊密な連携も高評価を獲得。110点満点、60点以上が認証取得となる基準に対し64点をマークし、ゴールド認証の取得に成功した。

清水建設によれば、LEED-Healthcare版はこれまで日本では取得事例がなく、また世界的に見ても36件しか取得事例がないとのこと。同社では今回の認証取得を生かし、効果的かつ効率的なLEED認証取得を提案することによる今後の案件受注につなげていきたい考えだ。

■順天堂医院B棟の概要
工事名称 : 順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業
順天堂医院B棟(新病院)
所 在 地 : 文京区本郷2丁目201-1、-2、-3、-16、-17、-18
発   注 : 学校法人順天堂
設計施工 : 清水建設株式会社
規   模 : 建築面積2,786m2、延床面積45,089m2、地下3階、地上21階
高さ99.72m
竣   工 : 2016年4月
(ニュースリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

清水建設 ニュースリリース
http://www.shimz.co.jp/news_release/2016/2016030.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る