撞木とは

更新1017

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 撞木

撞木

撞木(しゅもく・しもく)とは、水道メーターと配管とをつなげる金具のことである。
水道メーターは銅製で、配管は塩化ビニール製のため、直接つなぐと配管が傷つき、水漏れの原因となる。また、法律により、水道メーターは定期的な交換が義務付けられているため、完全に固定することはできない。そのため、両者をつなぐ金具が必要となる。

もともと撞木は、仏具の、鐘などを打ち鳴らす棒のことで、形状が似ていることからそう呼ばれるようになったと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる