垂直昇降式高所作業車とは

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 垂直昇降式高所作業車

垂直昇降式高所作業車

垂直昇降式高所作業車とは、高所作業車の一種で、垂直方向にのみ動く昇降装置の上に作業床(プラットホーム)がとりつけられた車である。
比較的小型のものが多く、作業床の届く高さは2~10m程度。高層建築の建設現場で使用するには向かないが、作業床の面積が広く、強度も高いため、重い荷物や大きい荷物を運搬するのに適している。また、小型であることを活かし、屋内の高所で作業する際にもよく用いられる。

高所作業車の種類には垂直昇降式高所作業車以外に、ブーム式高所作業車がある。
ブーム式高所作業車は、昇降装置の可動範囲が非常に広いため、8m以上の高所での作業が必要な場所や、機動性が求められる場所でよく用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる