ブーム車とは

更新327

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ブーム車

ブーム車

ブーム車とは、コンクリートを圧送する建設機械の一種で、ブームと呼ばれる輸送管がついたコンクリートポンプ車(コンクリート作業車)を指す名称。最もメジャーなコンクリートポンプ車である。
※ブーム…折り畳み式のクレーンに似た形状をした輸送管。コンクリートポンプ車に備え付けられるブームの長さ(高度)は、車の大きさによって制限されている。(例:2t車で11m、3t車で14~17m、4t車で16~18m、8t車で21~26m)
コンクリートポンプ車にはブーム車のほかに、ブームを持たない配管車という種類がある。

・長所
離れた場所や高い場所への圧送が容易である。

・短所
広い面積が必要である。
ブーム車を使用する際は、車両の安定を保つためにアウトリガ(突っ張り棒のようなもの)を用いる。そのため、アウトリガを接地するための面積を確保できる場所でないとブーム車は使用できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる