圧力式管路施設とは

更新727

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 圧力式管路施設

圧力式管路施設

圧力式管路施設とは管路施設の一種であり、圧送ポンプによって発生する圧力によって下水を輸送する施設・設備。圧送式管路施設ともいわれる。

3種類に大別できる管路施設のなかで、最も場所を選ばずに敷設できる管路施設である。
圧力式の場合は、家庭ごとの生活雑排水・汚水汚水タンクに集めた後、ポンプによって圧送する。ポンプには汚水内の異物を破砕するための羽根がついたグラインダーポンプを使用し、管渠内に異物が堆積することを防いでいる。

圧力式の主な長所・短所は以下の通りである。

■長所
・自然流下式、真空式の管路施設が敷設不可能な地形でも敷設できる。
下水管の口径が小さくても敷設可能である。
管路施設の中で、最も短期間かつ低コストで敷設できる。

■短所
・多数のポンプが必要となるため、設置と維持費に莫大な費用がかかる。
・圧送管路内で、腐敗による硫化水素や有機酸が発生しやすい。
※防止のために酸化剤の注入や、定期洗浄が行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる