予防保全とは

更新1023

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 予防保全

予防保全

予防保全とは、建物を定期的に点検・診断し、異常や致命的な欠陥が発現する前に対策を講じることである。単に修理を行うのではなく、戦略的な維持管理・更新を行うという意味合いを持つ。
予防保全に対して、対症療法的に劣化箇所を補修することを「事後保全」と言う。事後保全に比べて予防保全のほうが、建物を長持ちさせ更新時期を先送りすることができ、ライフサイクルコストを低減することができる。

ライフサイクルコスト…建物の設計・建設から、点検・清掃などの運用管理、解体処分まで建物を生涯とし、全期間に要する費用のことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる