保留床とは

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 保留床

保留床

保留床(ほりゅうしょう)とは、 市街地再開発事業で新設した施設や建物のうち、地権者が取得する権利のある床以外の部分のことである。保留床に対して、再開発時に地権者が権利として保有している床を「権利床」と呼ぶ。ビルの高層化や効果的なレイアウトなどで「権利床」以上の床が生まれた場合、その余っている部分が保留床に当たる。

デベロッパーは、再開発ビルの建設に提供した資金に応じた広さの保留床を取得することができる。保留床を売却して事業資金に当てるのが一般的である。

※地権者…土地を所有・利用する権利者のことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる