直接仮設費とは

更新923

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 直接仮設費

直接仮設費

直接仮設費とは、仮設費のうち、工事で建設する建物本体を建てるために直接必要な仮設物のための費用のことである。
直接仮設費には、足場・桟橋、養生費などが該当する。

仮設費は、「直接仮設費」のほかに、建物本体を作る行為には直接的に関係ないが、工事全体を行うに当たって必要となる仮設物のための「共通仮設費」、
土工事に必要な山留、水替え設備のような科目単独の「工事別仮設費」の3つで構成される。
現場管理費(現場人件費及びその他経費)を含めて仮設費とする場合もある。

※山留(やまどめ)…土砂の崩壊を防ぐための板・棚など。
※水替え…地下水位以下に地盤を掘削する場合、湧出する水を排出すること。

直接仮設費の項目
・水盛・遣方(みずもり・やりかた:工事を着手する前に、平面・レベルなどの建物の正確な位置を出すための作業)費
墨出し(工事中に必要な線や位置を床や壁などに表示する作業)費
・現寸型板(げんすんかたいた:図面だけでは表現できない複雑な場所を図面で表現するための板)費
・足場桟橋設備費
・安全設備費
・機械器具費
・一般養生
・屋内整理清掃費
・運搬費
・発生材処分費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる