損料とは

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 損料

損料

損料とは、一般的には、器物などを借りた場合の借り賃のことである。
建築業界では、建設業者が所有する建設機械などの償却費・維持修理費・管理費などを指す。これらのライフサイクルコストを1時間当たりまたは1日当たりの金額で表示した経費のことで、施工に要する標準的な機械経費算出のために設定されている。
ライフサイクルコスト…製品や構造物が、調達・製造~使用~廃棄の段階までトータルでかかる費用のことである。生涯で必要な経費の合計額を指す。

工事の際に使用する重機をリース会社で借りれば「賃料」になる。
自社で持っている場合、賃料はかからないが、設備投資の際に莫大な金額を支払っているため、現場ごとに重機を使用した分の金額を社内的に処理していく。これが損料である。
例えば、最初に1,000万円かけて重機を買い、A現場での使用分は10万円、B現場での使用分は20万円だった。この10万円と20万円が損料ということになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる