インテリアゾーンとは

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. インテリアゾーン

インテリアゾーン

インテリアゾーンとは、オフィス室内の中央部分で、空調の効果が大きく、日差しや外気により温度が影響されにくいエリアのことである。
外壁から3~6m以上離れた内側部分を指す。

インテリアゾーンに対して、窓際などの外気の影響を受けやすいエリアのことを「ペリメータゾーン」と言う。
ガラス面から3~5m以内の外壁に面した部分で、空調の負荷が大きいエリアとなる。
オフィスビルによっては、窓際に置き型の空調を設置して対策するケースも見受けられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる