火工品とは

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 火工品

火工品

火工品とは、目的に応じて火薬や爆薬を成型した製品のこと。
日本では、火薬や爆薬を扱うための手続きが非常に煩雑なうえ、規制が厳しく、そのまま使用するのは難しい。そこで、火薬や爆薬を利用しやすくするために、火工品という新しい分類が作られた。火工品に分類される製品は、火薬や爆薬よりも容易に取り扱うことができる。
なお、法令上では、火工品と火薬・爆薬は総称して「火薬類」と呼ばれている。

火工品の例
・雷管(工業雷管、電気雷管)
爆薬の起爆剤。

・信管、導火線など
爆発を伝える道具。着火点と爆発地点の間にこれらの道具を挟むことで、爆発に至るまでの時間や距離を調整することができる。

コンクリート破砕器
市街地でコンクリートを破壊するための火工品発破よりも安全に、破壊することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる