路床とは

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 路床

路床

路床とは、道路の路盤面(舗装の下)の下の、厚さ約1mの層。
道路は上から表層、基層、路盤路床路体によって構成されている。

路床の役割は、道路を走行する車体の重みを支えることである。路面にかかる重量は、まず舗装下の路盤に伝わるため、路床にかかる重みは全重量の一部(分散荷重)である。分散荷重を支えられるだけの耐久性があれば良いので、路床の材料は砂であることが多い。一般的には購入した新材を用いる。

路床は、まずブルドーザーなどで面をならして不陸(地面に凸凹があること)をなくしてから、その後路床の表面をタイヤローラーマカダム式ロードローラーを使って、転圧することで作る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる