実証プラントとは

更新925

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 実証プラント

実証プラント

実証プラントとは、プラントを設計する際のデータを収集するために、試験的に組み立てられるプラント(試験用の工場)。実際に運用される実用プラントよりも小規模に作られるが、備えられた機能は実用プラントとほぼ同様である。
実用プラントに先立って組み立てられることから、「実用プラントの水先案内人(pilot)」という意図でパイロットプラントとも呼ばれる。

■目的
実証プラントは、新しくプラントを作る際の正しい設計データを求めるために作られる。実用プラントは大規模で、部分的な設計変更などが難しい。建設・運用後の不備発覚などは許されないため、実証プラントが確実に運用されるか調査することは非常に重要である。

■収集データの種類

・基本的な設備の設計データ
・プラントにかかる動力や熱量のデータ
・生産量や発電量など、プラントを運用した結果得られる仕事量のデータ
など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる