タンピングとは

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. タンピング

タンピング

タンピングとは、打設(基礎に生コンクリートを流し入れる)した後に、コンクリート表面をタンパーという道具で繰り返し叩いて、締め固める作業のことである。

タンピングの効果
・表面が強固になり、ヒビ割れが生じにくくなる。
・亀裂、沈み、骨材の浮き上がりを防止する。
・不要な空気や水を強制的に排出し、コンクリートを密実(密度が濃いこと)にする。
・鉄筋の付着力を向上させる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる