SSG構法とは

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. SSG構法

SSG構法

SSG構法とは、変形の小さなシーリング材でガラスをサッシに接着する構法である。通常のサッシは、溝の中にガラスをはめてシーリング材などで固定するが、SSG構法では、外部側にサッシ部材がなくてもガラスが留められるため、ガラスの透明性が強調できる。しかし、シーリング材に接着不良が生じた場合、最悪ガラスが外れるという問題を抱えており、ほとんど広まっていないのが現状である。
Structural Silicone Glazingの略。
※シーリング材…構造物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填する材料。

SSG構法の長所
ガラスの透明性が強調できる。

SSG構法の短所
・シーリング材に接着不良が生じた場合、最悪ガラスが外れるという問題がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる