内部装薬とは

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 内部装薬

内部装薬

内部装薬とは、トンネルやダムの建設現場などで対象物を発破する際の装薬方法の一種で、対象物の内部に火薬類を詰めて発破する方法。

対象物の内部で爆発が起こるので、エネルギーが外部に逃げにくい。エネルギーを効率的に使用することができるため、山や岩石、建築物のコンクリート部分など、体積の大きい対象物を破壊する際にこの方法が用いられる。

内部に火薬類を詰める方法としては、対象物に穴を穿ち、その穴に詰める方法が一般的である。そのため、穴を穿てるほど厚みのない対象物に対しては、内部装薬による発破ができない。その場合は、対象物の表面に火薬類を貼り付けて爆破する「外部装薬」という装薬方法によって発破される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる