軟水装置とは

更新529

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 軟水装置

軟水装置

硬水に含まれる硬度成分であるカルシウムとマグネシウムをイオン交換樹脂に通水することで軟水とする装置で、ソフナーとも呼ばれる。硬度成分は結晶化しスケールになり、ボイラーの伝熱効果の低下、配管の詰まりなどの原因となる。Na型陽イオン交換樹脂に水を通過させることでカルシウムイオン(Ca2+)とマグネシウムイオン(Mg2+)をナトリウムイオン(Na+)と交換することで軟水とする。
水1リットル中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウム量に変換したものを硬度といい、1リットル当たり1mgを1度としている。WHO(世界保健機構)の飲料水ガイドラインでは120mg/L以下を軟水、120mg/L以上を硬水と区分している。軟水装置はイオン交換樹脂、イオン交換樹脂充てんタンク、再生用食塩タンク、制御用コントローラー、自動バルブで構成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる