環境影響評価とは

更新1019

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 環境影響評価

環境影響評価

環境影響評価とは、開発事業などを実施する際に、それが環境にどのような影響を及ぼすか、事前に調査・予測をする制度のことである。開発を手掛ける事業者は、環境への影響をあらかじめ予測・評価した結果を公表して、住民や関係自治体などから意見を聞き、それらを踏まえて、適正な環境配慮がなされた事業計画を作り上げていく。環境アセスメントとも呼ばれる。

環境影響評価
1997年成立。道路・河川・鉄道・空港など、大規模な事業を着工する前に行う環境影響評価の手続きを定め、環境保全の観点から望ましい事業計画の策定を目的とする法律。公布10年を経過した時点で見直しが行われ、2011年には環境影響評価法の一部を改正する法律が可決・成立した。

■一般社団法人日本環境アセスメント
日本で唯一の環境アセスメント、環境調査等を業とする会員による全国組織。環境アセスメント技術と技術者資質の向上、環境アセスメントの普及・啓発を目指した活動を行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる