O&M(オペレーション&メンテナンス)事業とは

更新1211

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. O&M(オペレーション&メンテナンス)事業

O&M(オペレーション&メンテナンス)事業

O&Mとは、オペレーション&メンテナンスの略で、施設のオーナーに代わって運転管理業務、維持管理業務を行う事業のこと。メーカーやエンジニアリング会社が、自社製品や施工後の施設・設備の運転・設備保守・保全業務を行うケースが多い。

オペレーション事業は現場状況・業務量などを把握した後、運転管理計画を作成する。運転管理計画には施設規模と顧客の要望を入れた人員の配置、必要な資格やスキル、緊急時体制などを網羅し、運転管理マニャアルを整備し、O&M事業者の経験と実績、優れた技術力を活かし種々の施設の機能を最大限に発揮でき、経済的な運転管理をする。
メンテナンス事業は、機器設備の機能を診断し、その結果に基づいて計画的で効率的なメンテナンス計画を立案する。顧客とともに計画の妥当性を評価、確認し、計画に基づいて機器設備の老朽度、および性能を評価し、定期点検、法定点検も含めて実施する。また、突発的な不具合に備えた予防保全、および改善を提案する。

コストダウンや、スムーズな施設運営に効果があるとして、O&Mへの注目は高まっている。

O&M事業の関連求人

運転管理の求人
プラントメンテナンスの求人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる