大和ハウス工業の企業情報。年収・給料・売上・施工実績など。

更新323

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 大和ハウス工業

大和ハウス工業の企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月19日

大和ハウス工業は、工業化住宅(プレハブ住宅)のパイオニアとして知られる総合住宅建築メーカーです。国内外の連結子会社、関連会社合わせて196社でグループ構成され、連結売上高が3兆円を超える(2016年度)業界最大手。戸建住宅や、分譲マンションなどの住宅関連のほか、ホテルなどの商業施設や都市開発、海外事業なども手がけ、各分野で売上げを伸ばしています。近年は、特に賃貸住宅と商業施設、事業施設事業に注力し、海外事業にも積極的です。

無料転職支援を利用する

年収・残業時間・求人…大和ハウス工業 について、詳しい話が聞ける。転職について相談できる。

大和ハウス工業の求人

大和ハウス工業の求人情報

大和ハウス工業道路の年収データ

平均年収の推移

大和ハウス工業の平均年収の推移
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
平均年収 796万円 816万円 843万円 863万円 879万円
平均年齢 37.8歳 38.2歳 38.2歳 38.5歳 38.7歳
平均年収
2016年度
879万円
(平均年齢38.7歳)
2015年度
863万円
(平均年齢38.5歳)
2014年度
843万円
(平均年齢38.2歳)
2013年度
816万円
(平均年齢38.2歳)
2012年度
796万円
(平均年齢37.8歳)

すべて表示▼

大和ハウス工業の2016年度の平均年収は、前年度より16万円のアップの879万円。建設業界の平均711万8,000円(東京商工リサーチ調べ)を160万円以上も上回りました。2012年度からは毎年15〜25万円、4年間で83万円増加しています。平均年齢は1歳上がりました。

大和ハウス工業の売上データ

売上高の推移

大和ハウス工業の売上高の推移
  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
売上高 2兆80億円 2兆7,003億円 2兆8,107億円 3兆1,929億円 3兆5,129億円
経常利益 1,454億円 1,764億円 2,026億円 2,336億円 3,005億円
売上高
2016年度
3兆5,129億円
2015年度
3兆1,929億円
2014年度
2兆8,107億円
2013年度
2兆7,003億円
2012年度
2兆80億円

すべて表示▼

経常利益
2016年度
3,005億円
2015年度
2,336億円
2014年度
2,026億円
2013年度
1,764億円
2012年度
1,454億円

すべて表示▼

大和ハウス工業の2016年度の売上高は3兆5,129億円で、前年度比10.0%増。経常利益は3,005億円で前年度比28.7%増となりました。一般建築市場での民間、公共の受注高が共に好調で、各事業とも堅調だったことが要因です。過去の推移を見ても2012年度から売上高、経常利益ともに毎年増加。2010年度からの7年間では年平均成長率が12.2%となっています。
2016年からスタートした3年間の中期経営計画では、初年度で当初目標を達成できる見通しとなり上方修正を実施。最終年度の2018年度目標を売上3兆9,500億円、営業利益3,400億円としています。

売上の内訳

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
戸建住宅 3,499億円 3,928億円 3,720億円 3,762億円 3,877億円
賃貸住宅 5,897億円 6,864億円 7,705億円 8,786億円 9,757億円
マンション 1,568億円 2,423億円 2,307億円 2,791億円 2,622億円
住宅ストック 755億円 847億円 900億円 927億円 1,026億円
商業施設 3,996億円 4,094億円 4,446億円 4,875億円 5,618億円
事業施設 2,404億円 5,851億円 5,787億円 7,335億円 8,182億円
その他 1,947億円 2,997億円 3,243億円 3,454億円 4,047億円
戸建住宅
2016年度
3,877億円
2015年度
3,762億円
2014年度
3,720億円
2013年度
3,928億円
2012年度
3,499億円

すべて表示▼

賃貸住宅
2016年度
9,757億円
2015年度
8,786億円
2014年度
7,705億円
2013年度
6,864億円
2012年度
5,897億円

すべて表示▼

マンション
2016年度
2,622億円
2015年度
2,791億円
2014年度
2,307億円
2013年度
2,423億円
2012年度
1,568億円

すべて表示▼

住宅ストック
2016年度
1,026億円
2015年度
927億円
2014年度
900億円
2013年度
847億円
2012年度
755億円

すべて表示▼

商業施設
2016年度
5,618億円
2015年度
4,875億円
2014年度
4,446億円
2013年度
4,094億円
2012年度
3,996億円

すべて表示▼

事業施設
2016年度
8,182億円
2015年度
7,335億円
2014年度
5,787億円
2013年度
5,851億円
2012年度
2,404億円

すべて表示▼

その他
2016年度
4,047億円
2015年度
3,454億円
2014年度
3,243億円
2013年度
2,997億円
2012年度
1,947億円

すべて表示▼

大和ハウス工業の2016年度の売り上げは、竣工物件の減少によりマンション事業は前年比6%減も、戸建住宅3%増、賃貸住宅11%増、商業施設15%増と、マンション以外の各事業で大きく売り上げを伸ばしています。

大和ハウス工業の特徴

工業化住宅(プレハブ住宅)のパイオニア

大和ハウス工業の強みは工業化戸建住宅です。1959年に業界初のプレハブ住宅の原点となるミゼットハウスを誕生させて以来、プレハブ住宅のパイオニアとして、その技術やノウハウを磨いてきています。現在、鉄骨戸建住宅の「xevo(ジーヴォ)」シリーズと、木造戸建住宅の「xevo GranWood(ジーヴォグランウッド)」シリーズを展開。中でも持続型耐震機能を持ち、天井高2m72㎝の「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」の販売が好調となっています。
また、2017年1月には、リチウムイオン蓄電池などの環境アイテムを搭載した新築戸建住宅「For Nature(フォーネイチャー)」を発売。賃貸・店舗併用対応の3・4・5階建戸建住宅「skye(スカイエ)」、2017年7月に発売された遮音性能を高めた「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」とともに販売促進を強化しています。

住宅関連事業以外の売り上げが半分

大和ハウス工業は、ハウスメーカーとして業界トップですが、2016年度売上高の構成比は、住宅関連と住宅以外でほぼ半々。商業施設や都市開発事業なども好調となっています。近年強化している事業は、賃貸住宅と商業施設、事業施設。この3事業で全売上の67%、営業利益では81%を占めています。
賃貸住宅では、業界初となる、全戸に家庭用リチウムイオン蓄電池を標準搭載した防災配慮型賃貸住宅「セジュールNewルピナ」を2016年7月に発売し、商品のラインナップを拡充しています。その他事業では、現在、海外事業と海外を含めた都市開発に積極的。不動産投資と事業拡大を図っています。

ワークライフバランス

大和ハウス工業は、ワークライフバランス推進のため、さまざまな働き方改善に取り組んでいます。例えば、長時間労働削減の取り組みとして、パソコン上で警告メッセージの発信、残業の事前申請を徹底するなど、時間外労働時間の「見える化」を実施しています。また2014年から内勤者の在宅勤務を可能とし、対象職種も拡大。子供が小学3年生になるまで時短勤務が認められる等、さまざまな支援制度を用意しています。
取り組みの結果、2016年度の年間労働時間は、前年より23時間、一昨年より82時間削減され、社員1人あたりの年間所定外労働時間も365時間になっています。(2017年CSRより)。

大和ハウス工業のトピックス

大型オフィルビル「Dタワー西新宿」を着工

大和ハウス工業は、2017年7月に初めての大型オフィスビル開発となる「Dタワー西新宿」(東京都新宿区)に着工しました。同ビルは地上29階建て、最大30のテナントやサービスアパートメント126戸、商業施設、保育所を併設した複合施設です。Dタワーは都心部を中心に大型オフィスを展開する大和ハウス工業のプロジェクトで、「Dタワー西新宿」はその第一弾です。今後は本格的にオフィス事業に参入、好立地にDタワーを展開していく予定です。

アメリカ西海岸で賃貸住宅開発事業に着工

大和ハウス工業は、2017年8月からアメリカ合衆国ワシントン州シアトル近郊のレイモンド市オーバーレイク地区開発「エステラパーク・プロジェクト」で、住宅開発事業に着工しています。同プロジェクトは、オフィスやホテル、公園などからなる敷地面積約113,300㎡10区画の複合再開発事業。そのうちの2区画をアメリカリンカーン社と共同で行っています。住宅は全3棟総戸数664戸の賃貸住宅。エンターテインメントラウンジやプール、フィットネスセンターなどを設置し、高所得層をターゲットとしています。竣工は2020年1月の予定です。

今後の開発、着工予定

大和ハウス工業の今後の開発・着工予定の物件に、「防府第二テクノタウン(仮称)」
(山口県防府市)とインドネシア共和国での複合都市開発事業「サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)」があります。
「防府第二テクノタウン(仮称)」は産業団地開発で、山口県防府市では2015年1月に続き、2カ所目。総事業面積(敷地面積)約22ha、販売予定面積は約20haです。
また、「サウスイーストキャピタルプロジェクト(仮称)」はジャカルタ中心部から南東へ約24kmの場所に開発する複合施設。約12万㎡の敷地に総住戸数約5,000戸(総12棟)の高層分譲マンションやショッピングモール、ホテル等を建設する予定です。大和ハウス工業ではインドネシアで初となる都市開発事業で、海外交通・都市開発事業支援機構と共同で行います。竣工予定は2024年6月。2017年秋より着工し、名称も「SAKURA GARDEN CITY(サクラ ガーデン シティ)」に変更する予定です。

大和ハウス工業の経審情報

業種 総合評定値(P) 業種 総合評定値(P)
土木一式 1548 しゆんせつ 1019
プレストレストコンクリート 1309 板金 1019
建築一式 1981 ガラス 1019
大工 1019 塗装 1132
左官 1019 防水 1138
とび・土工・コンクリート 1563 内装仕上 1679
法面処理 1228 機械器具設置 -
1019 熱絶縁 1019
屋根 1149 電気通信 -
電気 1734 造園 1188
1403 さく井 -
タイル・れんが・ブロック 1019 建具 1032
鋼構造物 1359 水道施設 1019
鋼橋上部 1359 消防施設 -
鉄筋 1019 清掃施設 -
舗装 1110 とび・土工・コンクリート・解体(経過措置) 1606

業種

総合評定値(P)

土木一式
1548
プレストレストコンクリート
1309
建築一式
1981
大工
1019
左官
1019
とび・土工・コンクリート
1563
法面処理
1228
1019
屋根
1149
電気
1734
1403
タイル・れんが・ブロック
1019
鋼構造物
1359
鋼橋上部
1359
鉄筋
1019
舗装
1110
しゆんせつ
1019
板金
1019
ガラス
1019
塗装
1132
防水
1138
内装仕上
1679
機械器具設置
-
熱絶縁
1019
電気通信
-
造園
1188
さく井
-
建具
1032
水道施設
1019
消防施設
-
清掃施設
-
とび・土工・コンクリート・解体(経過措置)
1606

すべて表示▼

審査基準日 2016年3月31日

大和ハウス工業の基本情報

社名 大和ハウス工業株式会社( DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. )
本社 大阪市北区梅田3丁目3番5号
設立日 1947年3月4日
資本金 1,616億9,920万1,496円(2017年5月11日現在)
上場 東証1部
従業員 15,725名(連結39,770名)(2017年4月1日現在)
平均年齢 38.7歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数 14.1年(2017年3月31日現在)
社名
大和ハウス工業株式会社( DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD. )
本社
大阪市北区梅田3丁目3番5号
設立日
1947年3月4日
資本金
1,616億9,920万1,496円(2017年5月11日現在)
上場
東証1部
従業員
15,725名(連結39,770名)(2017年4月1日現在)
平均年齢
38.7歳(2017年3月31日現在)
平均勤続年数
14.1年(2017年3月31日現在)

月給ボーナス額残業時間求人の詳細など、
大和ハウス工業の、ネットに載っていない情報も知りたいなら
無料転職支援サービスの利用が便利です。

あなたの希望・経験にあう企業のご紹介も可能です

無料転職支援を利用する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業特集 TOPへ