東京スカイツリーから計測した3次元データ「パーフェクト3D」

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京スカイツリーから計測した3次元データ「パーフェクト3D」

東京スカイツリーから計測した3次元データ「パーフェクト3D」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月25日 15:00

大規模プラントの現状計測やシミュレーションなどに活用
べステラは6月21日、東京スカイツリーから墨田区役所を中心とした大規模エリアの3次元データ計測サービス「パーフェクト3D」を実用化したと発表した。

朝日航洋と共同で、東京スカイツリーから74万1,522平米に及ぶエリアを計測し、3次元点群データ化を行うもの。

製鉄所や発電所、石油化学施設などの大規模プラントへの提供はもちろんのこと、地域の文化財など観光用途などにも活用できる。

今後は大規模区域全体の3次元データの作成を、短期間かつ低コストで実現し、構造物の3次元的なシミュレーションなどを迅速に利用できるシステムを開発する方針だ。

広域エリアで、3Dデータ化を実現
今回実用化された「パーフェクト3D」は、べステラが有する精密な3次元レーザー計測技術と、朝日航洋が有する航空レーザー計測やモービルマッピングシステム、船舶による3次元水域計測どの空間情報計測技術を融合させたもの。

マクロデータから、個別の建築物・構造物の配管・内部データまでを網羅した、3次元点群データを提供するサービスとして、現在「パーフェクト3D」を商標登録に出願中だ。

地上データにモービルマッピングシステムデータや航空計測データを組み合わせることで、直感的かつ高高度なデータが得られる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

新着情報 - ベステラ株式会社
http://www.besterra.co.jp/2016/06

ベステラ株式会社のプレスリリース
http://prtimes.jp/19686.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る