ショルダー型送風機「スズフィール」を開発、鹿島

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. ショルダー型送風機「スズフィール」を開発、鹿島

ショルダー型送風機「スズフィール」を開発、鹿島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月03日 20:00

熱中症対策は必須
鹿島は5月30日、株式会社プロップと株式会社安研、大興物産株式会社の3社と一緒に、ショルダー型送風機「スズフィール」を開発したと発表した。

建設現場において熱中症対策というのは必須事項になっている。そのため現場では塩タブやスポーツドリンク等による水分・塩分の補給や、送風機やクーラー等による作業環境の整備など熱中症対策が進められている。

これによって年々、熱中症の発症件数は減少傾向にあるのだが、それでも多数発症しているというのが現状だ。

ショルダー型送風機「スズフィール」
着衣における対策としては、屋外作業向けにはファン付きの上着を活用することが多い。また屋内作業・短時間の屋外作業に従事する作業員や、現場の施工管理者の場合はあまり種類がなかった。

そのため安価で手軽に着用することができる製品の開発を目指し、昨夏より鹿島の作業員30名が試作品を実際に着用し、モニタリング調査を行ってきた。

その調査結果をもとに改良を重ねていき、ショルダー型送風機「スズフィール」を開発した。

「スズフィール」はファンを使用した首元への送風と、保冷剤による脇下冷却の機能によって、体内に蓄積した熱を効率よく放散し、体温の上昇を抑制する効果が得られる。

そのうえ作業着の上から着用することが可能であるため、時間をかけずに熱中症対策をすることができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201605/30m1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る