安全に橋梁点検ができるロボットカメラが国土交通省NETISに登録

更新224

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 安全に橋梁点検ができるロボットカメラが国土交通省NETISに登録

安全に橋梁点検ができるロボットカメラが国土交通省NETISに登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月13日 19:00

公共工事での積極利用に期待
日立産業制御ソリューションズと三井住友建設は5月11日、両社が共同開発した「社会インフラ用点検装置橋梁点検ロボットカメラ(以下、橋梁点検ロボットカメラ)」が、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されたと発表した。

NETISへの登録により、公共工事の発注者や応札者、施工者に登録技術情報が提供され、橋梁点検ロボットカメラ技術の活用が期待される。

安全かつ効率的な橋梁点検が可能に
従来の橋梁点検作業では、点検員が目視で確認するために橋梁点検車や高所作業車の利用、足場の設置が必要となる。

このため道路占有による交通規制を行うなど、橋梁利用の制約が発生するとともに、点検作業をにおいても危険を伴うといった課題があった。

今回、NETISに登録された橋梁点検ロボットカメラは、点検員が目視で確認するのが困難な場所を、伸び縮みするポールに設置したカメラと、カメラを操作するタブレットPCを用いて点検するシステム。

このシステムによって、橋梁等構造物の点検に橋梁点検車や高所作業車の利用や、足場の設置などが不要となり、安全かつ効率的に点検作業が行える。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社日立産業制御ソリューションズ、三井住友建設株式会社のプレスリリース
http://www.hitachi-ics.co.jp/product/news

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る